ぼっちリセラーブログ

twitterリセクラスタのぼっち勢が集結。 集まってもぼっち。やってることはぼっち。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぼっち勢

Author:ぼっち勢
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: うし  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

調子に乗ってブレブレ環境考察っぽい雑談
痛みがかなり引いたけど身体の中も外も頭も廃棄寸前なのでリハビリをかねて書きます。
いつも通り読みにくかったらスミマセン。知りません。

では、ずっとブログとか眺めてて誰も触れてないように見えた、
おそらく当然すぎて意識から外れてること。
『SP』について。
こてこてと書いていきます。

FGO環境ではいわゆる『相打ち』環境といわれる、
列単体で解決する対戦がほぼ全てでした。
だからこそ横に動けたり、APやDPが高かったり、その辺りの強さが出ていました。
よって最終的に、そこに特化した日単が強かった。

ではブレブレ環境ではどう変わったのか?
動く、除去する、寝かせる、APDPを一時的に上げる、などの動きが急に増え、
単純に『相打ち』出来る機会は減りました。
(減っただけで有効な手段であることは変わりませんので誤解無きよう)

まずその差を正しく認識する必要があると思っています。
特に、少しでも止める必要がある色は。


ブレブレはエンゲージ含め雪という除去の目新しさがすごく注目されています。
実際環境の変化なので間違いないのですが、
一弾環境で仕方なく入れていたバニラのカード達は
バニラ故にスペック(SP)が高かった。
特に宙のキャラは今回デッキからSP2は消えたのではないでしょうか?
だからこそリセフェスタ福岡の決勝動画にもあるように、
まずSPを足せずRマシュを突破できません。
あれを見て新弾環境の把握早すぎ!って痺れましたね。
(もちろんアイテムなど他の突破する手段はあります)

宙以外のSPはどうかというと、日と月と花はおそらく変わってません。
しかし、花は環境から消えました。
つまり、なおさら少しの『SP』差が盤面に与える影響は大きくなっています。
ちなみに雪は風魔手裏剣だけがSP3も有ります。
やっかいなので是非枚数を減らして下さい。


攻防においてAPDPだけで戦っていた時代は終わりつつあります。
今ならまだ全カードのスペック、おおよその上限(ハンド2枚で足せる値)などは
事前に把握できると思います。
もちろんそれをしたら勝てるというわけでも無いですが、
『SP』を含めた盤面予想を元に自陣を組み上げていけば、
最終的な盤面はある程度思い通りに出来たりします。(ほんとかよ
というか旧リセラーなら知ってるはずなので、思い出して下さい。

その上で!『衝動』というカードだったり色々書けそうではありますが今回はこの辺で。
お読み下さいましてありがとうございました。

スポンサーサイト

Category: うし  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

東京フェスタ入賞しました
勝ったから書く。ブログというものはそういうものです。
とはいえ今回何かを書くとしたら、まず4日前にウイルス性の急性腸炎にかかりました。(

落ち着いてきたと思っていたフェスタ当日。
朝起きると、経験したことのない痛みが腹部に襲いかかりました。
寒い?俺は寒いから震えているのか!?暖めればいいのか!?

痛み治まんねえよなんだこれ!
いっそ殺してくれ!

と思いながら数十分プルプルしてたらようやく収まってきて、
グーグル先生に聞いたら腸痙攣とかいう、『え、そこ痙攣するの!?』って実際に声に出る驚きの出会い。
一生知りたくなかったよこんな症状。
ざっくり言うと足とかが攣って起きた時のお腹バージョンで、伸ばせば良いとかその手の対応策が無い感じ。


ウイルスで胃腸死んでたけどどーにかなんべーってなめてたら、もう、ほんとスミマセンでした。もうイヤだ。絶対イヤだ。
というわけでリセしに行ってきました(反省を知らない)。

結果はツイッタにも書いたこんな感じ。

使用デッキ:月単
使用スキル:腸痙攣

一回戦 日雪 先攻 勝ち
二回戦 宙単 先攻 勝ち
三回戦 雪単 後攻 勝ち
四回戦 宙単 先攻 勝ち
五回戦 雪単 後攻 勝ち
六回戦 雪単 先攻 負け
七回戦 雪t日 先攻 勝ち

「今朝、人生初の腸痙攣を経験しまして!」
「病院行った方が良いですね」
(この人強い……!!)

みたいな小粋なトーク(声出すのも辛い)を繰り広げながらなんか、
雪単いっぱい倒しました。
今思い返すと、おそらく相手のRマシュ(SP1)が出た試合はかなり楽でしたね。
つまり相手を事故らせて勝つ。腸痙攣スキルの圧勝ですわ。


ちなみにもう一度フェスタで勝つためなら、腸痙攣を経験しますか?
と、問われると私は迷わず、お断りします

以上ですー次回は未定だし多分無いよー!勝てないからねー!

Category: うし  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

はじめてのふぇすた
しるぶりの思惑にまんまと乗せられてやるよ……。
はじめてのりせふぇすたぶろぐー。
あ、うしです。一応。

ざけんな3-3ドロップで何書けってんだよ!
しかもちゃんとブログ書いたら汁鰤の批判記事になるだろうが!良いのか!?
というわけでてきとーに書きまーす。

使用デッキはなんと!雪単です。
理由?他にマルタさんを使えるデッキが無かったんです。
花のマルタさんは可愛すぎて偽物だし、雪の鉄拳制裁!してる正しいマルタさん……。
俺が使わねば誰が使う!(俺以外が使った方が活躍できたろうに……)



うーん。何書こう。
そういえば、1回戦勝ったときにmisakieとかいう人に、勝ったんですか?すごいですね!とか煽られたんですよ。
で、その人2回戦、3回戦と隣の卓に座ってたんですよね。なんで!?とか思いつつもそういうこともあるかなって。

4回戦なんですが……後攻初手アステリオスターンエンドとかいう試合で、
相手の最終ターン、ゴミ箱にカルデアス1令呪2落ちてる状態なのに6ハンドで令呪2回打たれて負けました。
まるで見えない誰かが、『おまえ負けとけよ、な?』とでも囁いているかのような、そんな負けかたをしました。

試合が終わって『カルデアス1令呪4ですか!?神がかってますね!』って賞賛したら、
『いや、これ友達のデッキ借りてるんです』とか言われて。

全く迷惑なことをする人も居るもんだ、誰だよそんな構築考えたやつ?とか思ってたら……。

おまえかぁぁーーーーー!!!!

宇宙人

Category: うし  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

リーフ単バッドエンドゲムセ(リフゲム)考察
いろいろ悩みましたが文字に起こしてみます。
うしです。


このデッキ構築に自分の意思が介在したとはまったく思ってないので、
人のデッキって意識はかなり強いです。メーカー単に人のもクソもないという意見もありますが。
まあでもTwitterとか他のブログ見てると、どうも回し方については差があるようなのでどうしても書いてみたかったんです。
ファイナルで使うつもりだったので、一番そう思ってた時期には書けなかったんですが。

兎も角。
デッキレシピから行きます。

全色 
北原春希 4
柚原このみ 4
大正浪漫女給喫茶 4


和泉千晶(コンバ前) 4
和泉千晶(コンバ後) 4
バッティング 4
契約 4

花 EX2
小木曽雪菜 4
姫百合珊瑚 4
つまみ食い 4
バッドエンド 2

花 EX1以下
お掃除 3
最終進化 2

雪 
冬馬かずさ 4


まーりゃん先輩 4
ゲームセット 4
学園祭 1


書きたいことが多すぎるのですが、読みたいことはおそらく少ないはずなので纏めますよがんばる。

まず根本的なこと。
①千晶を2回出してゲムセで流して、
②再展開しつつバッドエンドを打って、
③回復して逃げ切るデッキです。

こうしなければ勝てない訳ではないです。が、自分の構築はそこに特化させてます。
盤面で云々も実はあるんですが、ゲムセで流す関係上優先度は低いです。
一番大事なのはキーパーツが揃うか。次にハンド枚数管理。一番後回しはテンポですね。


順番に行きましょう。

①千晶を2回出してゲムセで流して、

この部分。
コンボに必要なカードは何パターンかあって、自分のデッキだと、
Ⅰゲムセ+千晶前+千晶後+お掃除
Ⅱゲムセ+千晶前+千晶後+千晶後+契約
Ⅲゲムセ+千晶前+最終進化+契約
これがペナ2個付ける3パターン。状況に応じて3個付ける場合もあるし、1個でいい場合もあるけど、基本はこれ。
ペナをもう1個付けたい場合は千晶後+契約のセットが1組必要です。
何よりもまず勘違いされやすいのは、この段階でバッドエンドは必要ありません。
バッドエンドは最悪打たなくても良いですし、大量ペナドローで引きやすく、またコストにも切り難いためです。

更にいうと、ゲムセを打つために4枚。千晶を出すために2枚。お掃除は-2~1枚。契約は-1~0枚、
ハンドのエンド時上限が7枚なので、ターン開始時上限が9枚であること。これらがものすごく大事です。
先置きできる千晶は出来る限り置きたくなりますが、除去を持つデッキ相手だとキーパーツを失う危険があります。
またゲムセを2枚引くとどうやってもコストにすらなりません。自分はそれでも4積みますが。

上記条件をまず何よりも最初に意識します。
リーフは大正浪漫女給喫茶という壊れサーチがあるので、
序盤の打点はデッキが尽きない限りサポートのようなものです。もちろんよく除外されますが。
それを踏まえて先攻初手の有効手は、
ⅰこのみのみ(2枚)
ⅱ千晶前のみ(2枚)
ⅲ珊瑚+(ⅰorⅱ)(3枚)
ⅳ珊瑚+春希(3枚)
ⅴ春希+雪菜(3枚)
ⅵ春希+まーりゃん(3枚)
くらいでしょうか。キーパーツ以外のハンド消費は極力避け、
キーパーツが揃うまで待ってもらうため、まーりゃん以外全てDFです。
無駄に盤面を埋めるくらいならハンド7枚キープするためにディスカードエンドを推奨します。
ゲムセを打つまで打点を入れる必要は一切ありません。
とにかくハンドが整うまで零れ落ちる程度のハンド枚数で最大限打点を止めます。春希がとても便利です。
どうしようもなく事故した場合のみかずさ+千晶でAFアグレしたこともありますが、
当然簡単に止まる上相手の打点のほうが高くなるので、早い段階でコンボパーツを引かないとそのまま負けます。


次々行きましょう

②再展開しつつバッドエンドを打って、

まずはじめにバッドエンドのコストをキープする必要があります。
珊瑚が花コストをマルチに変えることが出来ますが、基本的にそれでも雪コストが足りない場合が多いです。
その場合よくこのみが犠牲になりますが、最悪かずさまで場に出せないこともあります。

展開の配置ですが、
③に続く雪菜、①で活躍する千晶と春希の関係上、学園祭がとても強いため、
自分はよくかずさと雪菜はAFに並べます。
千晶前をコンバ→かずさアグレパンチの動きはかなり強いですし、構築上ここでも最終進化が噛み合います。
ですので、最上盤面は、
①②③
④⑤⑥
①かずさ②雪菜③千晶前④このみ⑤春希⑥珊瑚
だと思います。が、そこまでハンドがあるのは稀というかオーバーキルな時が多いので、
AFに春希やまーりゃんを置くパターンも多々ありますし、問題ありません。

バッドエンドを打つ際の注意点ですが、
対応イベントは確実にあると思って行動するべきです。
とくにみなとの家庭的はバッドエンド対応で打てば対応できない除去になります。
また当然強いのは時空転移系の登場で、次ターンから殴ってきます。
バッティングを握る、届かない恋を宣言後にバッドエンドを打つなどの考慮は必須となります。


やっとラスト。

③回復して逃げ切るデッキです。

59312852.jpg

雪菜です。
雪菜かわいい。

ほぼこのためだけにリーフ使ってました。

イベント枚数28枚なので最大28点回復・・ですが、
大正浪漫は使用後除外されますし、デッキに残っているものもありますし、
何より相手に除外されます。

そして何より回復メタ多すぎます。
特に夕音とマルギッテは確実に無効化してくるので注意です。
夕音なんて登場対応でも間に合いません。
夕音なんて登場対応でも間に合いません。(大事なことなので2回

一応ですが、ゴミ箱のイベントが回復するため、
ⅰデッキにイベントが多数残っている場合はダメージを受けたほうが多く回復できる
ⅱイベントのみデッキに戻るため戦術につながる
といった特性は大切だと思います。
特にⅱの場合終盤強いイベントと、雪コストが払いにくいため高確率でただのゴミになるゴミセとあります。
自分はゴミセを4積んでいるので終盤のドローは純粋にダメージだと思っています。
が、学園祭のみものすごく強いイベントと変化するので、そこを意識した詰めプランも立てることが出来ます。

あと大事なことですが、対応で何度でも宣言できることが重要で、
登場対応で何かしない限り単発のゴミ箱除外は効きません。
逆に言うと登場タイミングは弱点になるので、見習いなどはバッドエンド前の雪菜登場対応で打たれます。




とりあえず眠さが半端無いので纏めておきます。
基本の動きは上記で書いたつもりですが、メタまで考慮するとまったく書き足りませんし、
各カードもっと細かく掘り下げることも可能なのですが、誰得すぎるのでこのあたりで良いと思います。
勝てないデッキにはとことん勝てない仕様ですが、
最も雪菜が活躍できるデッキはこれだと確信していますので、気が向いたら使ってあげてください。

Category: うし  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

クロシェット単考察(このか編とまとめ)
うしだよ!(なでこ風)
さて書きます。暇な人は見てください。

この記事は前日からの、
クロシェット単考察(アイナ編)
クロシェット単考察(桜花・美汐編)
これらの記事の続編となります。


では早速このかについて
79122985.jpg

まず基本、特殊能力の役割。
このカードクロシェットで2番目に強いと思ってます。勝ち筋にはなりませんが。
まずよくやるのは前にも書きましたが、
初手連城(部員勧誘)からこのかを持って来て、2点破棄で桜花が落ちる想定で動くプレイ。
連城はアイナを確定でサーチできるのですが、優先順位はこのか>>>アイナですね。詰めならやっとアイナかな?くらい。
このか1枚持っててアイナが居なくてもこのかを持ってきます。このかが2枚あってもやっと悩むくらい。
というのも、もし連城2点で有効カードが落ちなくても、このかは初手に置きます。大体左DFですね。
理由は相手ターン中に打点で落ちても自ターンまでゴミ箱に居ないからです。要するに初手アグレから補佐、朝ごはん、
プリンなんて想定の範囲内ということですね。
先置きさえしていればあなたを殺しますや焼却は対応で何度でも言えるためこのかの敵ではありません。

桜花が強いのなんて分かり切ってるので、相手に桜花がゴミ箱に落ちたら負ける。と思わせることが出来るのが初手このかのおかげだと思います。
もし桜花を引いた場合、桜花を持って来ても弱い場合でもこのかは何でも持ってこれます。
よくあるのはまなみを持ってくることで、次点がアイナかな?もちろん状況しだいですが、基本的に桜花の補佐です。

桜花の補佐役無しで強い点は、能力未使用でDFに居る時ですね。
キャッチして落ちるならもっと強いブロッカー(たとえば片瀬)を持ってきながら落ちるとか、落とさずバーンで攻めてくるならストームランスを持ってくるとか、アイナ持って来て自身パンチ華道とか、本当に何でも出来ます。
もちろん能力使用後なら落ちても良いし、残るなら桜花のブーストか華道要員ですね。
あと対ゲムセで唯一といっていい対抗策かと。初手に出して対応で有効カードを拾いなおすはもちろん、ハンドに1枚マルチカードが残るのは再展開のしやすさが段違いです。
もちろんそのあとバッドエンド含むハンデスで終わるので結局お察しですが。

スペックもオダステのおかげで殴りにいけますし、
ブロックも能力込みで殴りにくさがあるためかなり硬くかなり優秀です。
もちろんスペックが高い訳ではないので、消える前提での動きは必須です。
あと細かいことですがオダステのおかげでハルキュオネの恩恵を受けます。出たタイミングで琴羽の隣でSP睨ませて左DFに下がることが多々あります。


場に出ても強いしコストでも強いし、ついでに就職活動条件もサポートするマルチキャラです。
しかも水着でサインです。
クロシェットの安定の要といって良いと思います。



以上で特筆すべきカードは終わりですね。
わざとかってくらいスルーしてる風花はどう考えてもメタの話メインになるからちょっと苦手です。
簡単に書くと対戯画で全カードの中で2番目に強いと思ってます。
初手から中盤の盤面作りと自分の得意分野はもう書いたかな。詰めは下手です。
自分の知る限りではバッドエンドリフゲム以外には有利か五分がつくと思っています。
といっても対みなととか一人回しでやっても相当きついので、強いプレイヤー相手なら不利まで行きそうですが。

先日入手困難だったレア水着も手に入ることになったのでクロシェットは完結ですね。
気が向いたらCUBEや他でもこんな感じに書くかもしれません。
ではまたいつか。全部読みきったやる気勢はともにがんばりましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。